_r1_c2

正月に見たい夢を見るには

お正月に富士山、鷹、なすびが出てくると縁起が良い夢であるという言い伝えがあります。
そもそも、初夢というのは、元旦か2日の朝に見るものの事を指しています。
古来から、お正月の夢にはその年の吉凶を占うという目的があり、出来るだけ良いものを見たいという人が多いのではないでしょうか。

ですから、見たい夢を見るための方法というのは、数多く紹介されています。

おまじないのようなものから、科学的なものまで、方法というのはたくさんあり、毎年色々な方法を試しているという人も少なくありません。
では、お正月に見たい夢を見る方法について、おまじないと科学的な方法の2つを紹介していきます。
まず、古来から伝わる良い夢を見るためのおまじないです。

初夢は元旦の夜に眠りについて、2日の朝に目覚めるまでに見る夢の事を指しています。
ですから、元旦の日に眠る前、枕の下に宝船と「永き世の 遠の眠りの みな目ざめ 波乗り船の 音の良きかな」という和歌を3度読んで、和歌と宝船を書いた紙を入れて眠ると、正月に演技の良い夢が見られると言われています。

この歌は上から読んでも下から読んでも同じ回文になっていて、言葉遊びなどが随所に使われています。
言葉遊びなどを好んだ昔の人たちは、洒落やおめでたい言葉が使われた和歌が、お正月の良い運気を引き寄せると感じたのかもしれません。
もし、見たい夢ではなく悪い夢を見てしまったときには、その紙を川に流すことで、悪い運気を水に流し、邪気払いをして縁起を担いでいたそうです。

また、見たい夢を見る効果的な方法として、寝る前に見たい夢の話をしておくことはとても効果があるといわれています。
人の睡眠というのは、レム睡眠とノンレム睡眠に分かれていますが、見たい夢を見るときというのは、レム睡眠のときが多いといわれているのです。レム睡眠のとき、人の脳は記憶を整理しているので、見ている夢というのはその日にあったことであるといわれています。

つまり、寝る前に見たい夢の話をしておけば、その記憶を整理しているレム睡眠のときに、見たい夢を見ることが出来るかもしれないということなのです。とはいえ、見たい夢を見ることと、それを覚えていることというのは、また別の問題になってしまうので注意が必要かもしれません。

正月に見たい夢を見るためには、いくつかの方法があるので、正月から縁起が良いと嬉しい気分になるためにも、この方法を覚えておいてください。

注目サイト

素材にもこだわったマットレス!
テンピュールのマットレスは素材にもこだわって作られているんです

納骨堂は参拝者の事も考えた
参拝にくる人の事を考えた設計に

屋形船で川を周遊しながらくつろぎのご宴会を
料理も自慢の逸品揃いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>